激安でヨーロッパ旅行がしたい!ツアーを利用せず安く旅行する方法

ツアーではなく自分で手配してヨーロッパ旅行をする方法を紹介していきます。飛行機やホテルの予約の方法や食事、現地通貨に替えるときのコツなどを書いています。口コミも書いていくので知っていればお得なことばかりですよ。

この記事「激安でヨーロッパ旅行がしたい!ツアーを利用せず安く旅行する方法」を書いた人

ペンネーム:はるな
プロフィール:私は昔から旅行が好きです。
ヨーロッパに留学していたこともあるし、ヨーロッパ一人旅も何度もしています。
友達や家族とも行きますが、できるだけ安く行きたいのでツアーは一切利用しません。
いつも自分で手配して旅行をするようにしています。

ヨーロッパはやっぱり一度は行ってみたいですよね。

でも遠いし物価が高いのでお金が高くつくのが困りものです。
でもツアーを利用せず自分で行くとかなりお得に行くことができますよ。

ではその方法を紹介していきますね。

飛行機のチケットの取り方!安くすませるポイント

飛行機の予約をするのは簡単です。

各航空会社のホームページから予約をするだけです。
行先、日にちを入力すると一覧ででるのでクリックしてクレジットカードなどで支払います。

ただ安くする方法としてコツが2つあります。

まず1つ目は直接ホームページから予約せずに、まとめて検索できるサイトを利用することです。
行先、日付を入力すると検索できるので、安いチケットを探すことができます。

そして2つ目のコツは、海外の格安航空会社をチェックすることです。
ヨーロッパは格安航空会社が日本よりもあるので、まずは行先を決めてその国の格安航空会社を調べます。

例えば日本にはピーチという航空会社がありますが、その飛行機は外国人も乗ることができますよね。
台湾だと3,000円くらいで販売していることもあるし、その飛行機に台湾人が乗るのと同じことです。

ホームページには日本語がないこともありますが、英語は必ずあります。
入力することはどの航空会社でも同じで、出発空港、到着空港、日にちだけだから英語が分からなくても問題ないのです。

クレジットカード支払いができるのであとはカード名義や番号を入力するだけです。
誰でも簡単に買うことができます。

ホテルの予約の仕方!安くすませるポイント

自分でホテルの予約をするのは簡単です。

世界のいろんな国のホテル予約ができるサイトはいくらでもあるので、そういったサイトを利用します。

「ホテル 海外 予約」などで検索すると色々とでてきますよ。
サイトは日本語対応なので、あとは日にち入れて検索して予約をするだけです。
このときの注意点として、日にちを間違えないようにしましょう。

ヨーロッパと日本では時差があるので予約した日にちがずれることがあります。
予約のときに「現地時間なのか日本時間なのか」は必ずチェックしておきましょう。

ヨーロッパは観光客が多いので、ホテルはたくさんあります。
日本よりも格安なホテルがたくさんあり、食事なしで素泊まりできるホテルはたくさんあります。

ホテルの予約は検索サイトから直接し、あとはチェックインするだけです。
チェックインは日本のホテルと同じなので特に何かすることがあるわけではないから大丈夫ですよ。

自分の名前を書く程度なので特に問題ないですが、念の為予約完了して支払い済みと分かるものを持参しておきましょう。
スマホや予約完了メールの印刷など、念のために証明になるものを持っておくと安心ですね。

「エクスペディア」や「ブッキングドットコム」なんかは大手ですし、口コミでも評判がいいです。
「ホテルの件数が多い」「かなり安く予約できた」というコメントがたくさんあるのでオススメです。

日本円を現地の通貨にかえる!少しでもお得にする方法

海外にいくと現地の通貨に替えないといけません。
そんな時にもお得になる方法が2つありますよ。

まずは「どこで現地通貨にするか」です。
外貨に替える場合、基本的に「有名じゃない通貨を扱っている国で替えた方がお得になる」ことが多いです。
ヨーロッパは国にもよりますがユーロがメインなので、日本円よりも流通しています。

イギリスは通貨がポンドなので現地で替えた方がいいですが、ユーロなら日本で交換した方がお得になりやすいです。
空港はレートが悪いので、できれば銀行で両替しておきましょう。

現地通貨に替えた人の口コミには「街の換金所でぼったくられた」というものもあります。
街の両替所はその両替所によってレートや手数料が違うので、銀行が安心です。

ただできるだけクレジットカードを使った方がお得になるので、必要な分だけ換金しておきましょう。

そして2つ目のコツは、「円高のときに交換しておくこと」です。
円高になると日本円が高くなっている状態なので、外貨に交換するとお得になるのです。

ヨーロッパ旅行が決まったら、通貨のレートにも注目しておきましょう。
円高ではなくてもユーロが安くなる、ポンドが安くなることもあるので、そういった時に交換しておくとお得です。

食費を抑えて旅費を安くする方法

旅行先の食事は楽しみの1つですよね。
観光地に旅行にいった場合は日本と同じで金額が高くなるので、できれば避けたい所です。

ただそれでも観光地のメイン通りから1本反れるだけでレストランの料金もグッと下がりますよ。

人通りの多いメイン通りは一番金額が高いと思っておいてください。
ヨーロッパは物価が高いので、日本で食べるよりも金額が高くなりやすいです。

それと日本のガイドブックにあるレストランも比較的料金が高いです。
ガイドブックに載っているお店は日本語対応しているところもありますが、そのぶん割高になっていることを知っておきましょう。

どうしても行きたいお店がある場合は別ですが、できれば歩いている人に声をかけてお店を聞くのが一番手っ取り早いですよ。

それが難しい場合は、1本でもいいのでメイン通りは避けるようにします。
ヨーロッパはお店の外にメニューや料金などが書いてある看板がよくでているので金額をある程度みてから入るという手もあります。

世界的に有名なジャンクフードは日本よりも高いので、街のレストランで食べた方が安くなることも多いですよ。
「安くすませようと思って某ジャンクフード店にいったら高くてビックリした」という口コミもあります。
せっかく旅行に行ったのなら避けた方がよいですね。

まとめ

ヨーロッパ旅行は高いと考える人が多いですが、それはツアーなどを利用する人が多いからです。

でも全部自分で手配すれば旅費は半分以下にすることができますよ。
ヨーロッパは物価が高くて現地でもお金がかかるので、特に航空券とホテルは安く手配するようにしましょう。

その分観光や買い物にお金を使うと思う存分楽しむことができます

なかなか貯まらなかった貯金を1年間で100万円にした方法

口コミサイトではどうすれば貯金を効率的に増やせるかなど話題になることもあります。貯金って普通に生活していると正直なかなか貯まらないですが、この方法なら1年間で100万円貯金することも可能です。

この記事「貯金を1年間で100万円にした方法」を書いた人
ペンネーム:エコータ
プロフィール:とにかく無駄遣いが嫌いで貯金をすることが大好きなアラサー男です。貯金のためなら多少の我慢も強いるほど貯金をすることが好きで、いろんな方法でお金を貯められるように日々模索してます。

期間工員として働く

知っている人も多いかもしれませんが、期間工というのは非常に高賃金で待遇が良く魅力的です。

そのために、貯金を増やすにはもってこいの仕事になります。
期間工のおすすめできるポイントとして、賃金が高いだけでなく寮も完備されている点です。

一人暮らしだと高い家賃を支払っていく必要がありますが、期間工だとほぼ無料同然で寮生活することも可能なので貯金がどんどんできます。

そのこともあって、1年間で貯金を100万円貯めたいという場合に期間工は最適です。
期間工員として働くことで、きっちり指定期間まで働けば満了金ももらえたりするのでかなりお得です。

私は貯金が0だったときに期間工員として働き給料の多くを貯金したら、1年間で貯金100万円できました。
期間工はとてもおすすめできますし、手っ取り早く貯金したいという人に向いています。
給料も高くて普通にアルバイトするよりもかなり割が良く、多少の重労働は平気という人にピッタリなのが期間工員ですね。

タバコ代や飲酒代・交際費を削る

無駄遣いしている人の多くは交際費・遊興費であったり、タバコ代やお酒代に使っているのではないでしょうか。

それらを削ることでそれを全部貯金に回せるのです。
そうすれば、比較的すぐにお金が貯まります。

タバコを毎日1箱500円で購入するとして、それを1ヵ月にすれば15000円です。
年間タバコ代だけで20万円近く使っている計算になるために、かなりの出費ですよね。

さらには、お酒もほぼ毎日のように飲むという人だとそれだけで月に1万円以上かかるでしょうし、タバコ代とお酒代だけで年間30万円以上かかっている可能性があります。
趣味というかもしれませんが、これはかなりの無駄遣いなので、これらをやめるとそれだけで貯金が効率的に貯まります。

そして、他にも遊興費や交際費をうまく削ることにより、年間で50万円以上浮かすことができますよ。
私もそれらの無駄遣いをやめるようになってから、貯金に回せるようになったのでおすすめしたいですね。

外出を控えたり、無駄遣いをやめれば1年間で貯金100万円も夢ではありません。

掛け持ちで仕事する

これは体力のある人であったり、メインの仕事にある程度余裕のある人になりますが、掛け持ちで仕事をするのもおすすめです。

掛け持ちで仕事することで副業でもかなり稼げるので、貯金を1年で100万貯めたい場合に最適です。
仕事が終わった後にまた仕事をするのは大変だと思いますが、それでも貯金を増やしたい人は掛け持ちするのも良いでしょう。

もちろん、土日祝を利用して副業するのも悪くないので、仕事終わりは無理!という方であれば、休みの日をうまく利用して掛け持ちで仕事するのもおすすめです。
好きな日に働きたいという人には派遣登録が合っているでしょうし、ガッツリ高賃金で働きたいという人は夜勤をするのも悪くありません。

ですが、本業に支障をきたすのは1番いけないことなので、無理のない範囲で掛け持ちするのがベストではないでしょうか。
私の知り合いも掛け持ちで仕事していますが、その人は9:00~18:00の本業が終わった後に、20時から深夜2時まで働いていて副業だけでも月に15万円ほど稼いでいるのです。

副業すれば年間で100万円以上貯めることも可能なので、体力に自信のある方や時間をうまく使いたい方であれば、仕事を掛け持ちしてみるのも良いかもしれません。

治験ボランティアに参加する

これはフリーターや無職の方にピッタリかもしれませんが、治験ボランティアは高額報酬なのでおすすめです。

通院モニターと入院モニターがあるのですが、入院モニターだとかなり好条件なので、1年で貯金を100万円貯めるのにマッチしています。
治験はバイトではなくボランティア扱いになるので、給料ではなく負担軽減費という形で支払われます。

たとえば、1ヶ月に渡る長期入院だとそれだけで40万円以上もらえることもあるので、とても効率が良いのです。
治験に参加するとその後最低3ヶ月は期間を空けないといけないので、年間で4回ほどしか入院治験に参加できませんが、それでもかなり魅力的で貯金するにはおすすめです。

基本的に寝ているだけで、薬の摂取や採決などがあるくらいです。
後は本を読んでいたりスマホをしているくらいなので暇です。

楽して稼ぎたい人に合っているのが治験ですね。

まとめ

・1年で貯金を100万円にするには期間工員として働くのがおすすめ
・タバコ代や酒代・交際費を削減することで貯金に回せる
・掛け持ちで仕事をすると貯金が貯まりやすい
・治験ボランティアは高額報酬

1年間で何とか貯金を100万円にしたいという方におすすめの方法が上記の4つです。

期間工員として働くことで待遇が良くてお金を貯めやすいですし、タバコ代やお酒代・交際費を減らすことでそれを貯金に回すことができます。
そして、掛け持ちで仕事すれば本業とは別に給料日が増えるので、かなり貯金をしやすいでしょう。

治験ボランティアは楽をしてお金を稼ぎたいという方や、フリーターや無職で時間のある方におすすめです。

おまけ:借金がある場合どうする?

中には、お金を貯める以前に借金がある人もおられるかもしれません。
そのような人が貯金をするには、どうすれば良いのでしょうか?

借金を早く返せば良いわけですが、なかなか難しいことでしょう。
そこで、おすすめなのが、一度借金を整理することです。

債務整理という言葉を聞いたことはないでしょうか?
債務を整理するのです。

法律の力を利用します。
そのため信頼のできる、そして実力のある法律家に相談するのです。

払いすぎた借金(金利)がないか見つけ出してくれ、貸金業者からお金を取り戻してくれたりしますので、借金が無くなるケースもまれではありません。

出典:借金返済お助けマガジン

無理なく貯める!20代女性が1年間で100万円貯金する方法

20代女性の平均貯金額は約200万円です。この金額を1年で1.5倍に増やすのはそれほど難しいことではありません。過去の体験談や口コミ情報を参考に20代女性が1年間で無理なく100万円貯金する方法を紹介します。

この記事「無理なく貯める!20代女性が1年間で100万円貯金する方法」を書いた人
ペンネーム:つばくろや
プロフィール:「生活の質を下げずに無理なく貯金」をモットーに貯蓄術やライフプランなどを手掛けるWebライター。生活の質を改善した結果として貯金できる余裕を生みだした実体験をもとに生活向上につながるアイデアを発信します。

めざせ!1年間で100万円の貯金

20代女性の平均年収は約260万円、平均貯蓄額は200万円という調査結果がでています。

貯金をもっと増やしたいと考えている人は全体の70%を超えていますが、年収の低さがネックとなりあまり貯金できていないのが20女性の現実です。

年収が少なくてもやり方しだいで貯金はできます。
がんばり次第で一年間で100万円の貯金も夢ではありません。

今の生活を根本から見なおして貯金額100万円をめざしましょう。

ペットボトル飲料は買わない

貯金生活では無駄な支出を徹底的に省きます。

最初に見直すのは毎日購入して飲んでいるペットボトル飲料です。
1本150円のペットボトル飲料も1年間毎日購入していれば54750円になります。

買うのをやめればこの金額をまるまる貯金に回せます。
飲み物はペットボトル飲料を買うのではなく水筒で持参するようにしましょう。

麦茶や紅茶を自分で作るようにすれば1日あたりのコストは10円以下です。
良も暖かさも自分好みに調整できるのも水筒の大きなメリットです。

熱中症対策にペットボトルのスポーツドリンクは必要不可欠ですが、わざわざ購入しなくても自分で作ればコストは大幅に安くなります。
水500ミリリットルに砂糖大さじ3杯と塩少々にレモン汁を25ミリリットル加えれば自作スポーツドリンクの完成です。

甘さや塩分を調整すれば飲みやすいオリジナルドリンクに仕上がります。

スマートフォンは格安SIMで運用

20大女性にとってスマートフォンは生活必需品といってもいい存在です。

1カ月に支払う携帯料金の平均は7500円となっていますが、キャリアから格安SIMに切り替えると大幅に節約できます。格安SIMの通話プランは3GBのデータ付きで2000円程度です。
格安SIMへの切り替えで1年間に66000円も節約できます。
スマートフォン本体の価格も節約対象です。

キャリアで購入すると割引が適用されても端末代は8~10万円程かかります。
SIMフリーの格安スマホは安いものなら20000円前後で購入できます。

2年間使うとすると端末代は1年辺り3~4万円程度の節約になります。

洋服はレンタルすれば最新アイテムを格安で借りられる

20台女性の洋服に対する支出は平均で1カ月22000円となっています。

給料の1割程度が洋服代の目安とされていますが、おしゃれにこだわる女性の場合は50000円以上洋服代に支払うことも珍しくありません。
特に最新流行のアイテムを追いかけているとセールで安く買うこともできずさらにお金がかかってしまいます。

毎月の洋服代を節約するのに便利なのが最新アイテムが借りられる洋服のレンタルサービスです。
洋服のレンタルは最新アイテムを好きなだけ借り放題というプランで1カ月の費用は10000円前後となっています。

洋服はレンタルを基本にすれば1カ月の洋服代は約半分になります。
レンタル料金を支払っても買う服が減れば1年に換算すれば10万円以上も節約できますし、常に最新のアイテムを借りられるので流行に遅れることもありません。

同じ服を何度も着まわさなくても毎回違うコーディネートでレンタルできるので、節約しながらファッションを楽しむこともできる一石二鳥のアイデアです。

お金を使わない習慣をつける

貯金額を増やすのに手っ取り早いのは支出を減らすことです。

支出を減らすなんて難しそうに思えますが、生活を見直すことで案外簡単にできるものです。
貯金できない人に共通して見られる特徴として「深く考えないまま必要性が低い買い物をしている」というものがあります。

コンビニの買い物でついついレジ横のお菓子を買ってしまう、家にあるのを忘れて同じものを購入する、少しの手間を惜しんで割高な店で買い物をする。
このような必要性の薄い支出は一回あたりの金額が小さくても積もり積もればバカに出来ない金額になります。

長年染み付いた習慣を改善するのに効果的なのが「お金を持たずに1日生活する」という方法です。
出かけるときに現金やカード類を持たなければ支出はゼロです。

欲しいものがあっても物理的に変えなければ冷静に考える時間が生まれます。
どうしても欲しければ後日買いに行けばいいのですし、購買意欲が薄れたら買わなければいいのです。

ムダ使いを減らすのに冷静に考える時間を作るのは非常に有効な方法です。
考える時間を持てばお金を使わなくても生活できることに気づかされます。

この方法で節約できるのはもともと必要性が薄かった支出なので、苦労することなく貯金額を増やせます。
1日300円節約したとすると1年で10万円以上も貯金できます。

買い物は計画的に

安いものをまとめ買いする、必要に応じて買い物する。

どちらの方法も節約には有効なやり方です。
重要なのは買い物の仕方そのものではなく計画性があるかどうかです。

生活必需品や食料品に対する支出というのは安易に減らすことができません。
ポイントは無駄な買い物をしないことですが、そのためには長期的な買い物計画が効果を発揮します。

トイレットペーパーは洗剤はどのくらいもつのか。
期限内に食べきれる食料はどのくらいなのかなど考えるべきことはいろいろあります。

目先のことだけでなく長期的な視点で買い物の必要性を考えることで生活の流れとしての消費支出が明確になります。
あまり厳密になりすぎるとストレスなので、おおよその数字を抑えるようにしましょう。
20代女性の食費は1カ月で42486円です。
これは外食も含めた数字ですが日用品や生活用品の支出は含まれていません。

それらも含めて考えると1カ月あたりの支出は60000円前後になります。
買い物を見なおして支出が15%減らせたとすると1年で108000円が貯金できる計算になります。

カーシェアリングで節約カーライフ

自動車を維持するには駐車場代やガソリン代、保険代など少なくない費用が発生します。
自動車をもつのではなく借りるようにすることで車にかかる費用を大きくカットできます。
短時間利用もできるカーシェアリングは自動車レンタルの新しいスタイルとして急速に普及しています。

カーシェアリングなら駐車場代も保険代も不要で、レンタカーとは違い短距離利用ならガソリン代も請求されません。
所有する車を手放してカーシェアリングに切り替えると約30万円の節約になります。

特に20代女性は自動車保険料が高めなので、保険のいらないカーシェアを利用する恩恵は大きなものになります。
実際にはカーシェアの利用料金がかかるので節約分から差し引いて計算すると年間の節約額は22万円程度になります。

目標貯金額100万円のうち自動車の見直しだけで5分の1が達成できることになります。

ストレスをためずにお金を貯める

1年間で100万年貯金すると行ってもそのことがストレスになっては意味がありません。

ストレスで体調を崩せば貯金どころではありません。
貯金のストレスがイライラの原因になって日常生活に支障をきたせばトラブルのもとです。

大切なのは貯金生活そのものを楽しむことです。
これまでの生活にストレスをかけることなく新たな目標を増やす、という気持ちで貯金生活を楽しみましょう。