なかなか貯まらなかった貯金を1年間で100万円にした方法

口コミサイトではどうすれば貯金を効率的に増やせるかなど話題になることもあります。貯金って普通に生活していると正直なかなか貯まらないですが、この方法なら1年間で100万円貯金することも可能です。

大空
この記事「貯金を1年間で100万円にした方法」を書いた人
ペンネーム:エコータ
プロフィール:とにかく無駄遣いが嫌いで貯金をすることが大好きなアラサー男です。貯金のためなら多少の我慢も強いるほど貯金をすることが好きで、いろんな方法でお金を貯められるように日々模索してます。

期間工員として働く

知っている人も多いかもしれませんが、期間工というのは非常に高賃金で待遇が良く魅力的です。

そのために、貯金を増やすにはもってこいの仕事になります。
期間工のおすすめできるポイントとして、賃金が高いだけでなく寮も完備されている点です。

一人暮らしだと高い家賃を支払っていく必要がありますが、期間工だとほぼ無料同然で寮生活することも可能なので貯金がどんどんできます。

そのこともあって、1年間で貯金を100万円貯めたいという場合に期間工は最適です。
期間工員として働くことで、きっちり指定期間まで働けば満了金ももらえたりするのでかなりお得です。

私は貯金が0だったときに期間工員として働き給料の多くを貯金したら、1年間で貯金100万円できました。
期間工はとてもおすすめできますし、手っ取り早く貯金したいという人に向いています。
給料も高くて普通にアルバイトするよりもかなり割が良く、多少の重労働は平気という人にピッタリなのが期間工員ですね。

タバコ代や飲酒代・交際費を削る

無駄遣いしている人の多くは交際費・遊興費であったり、タバコ代やお酒代に使っているのではないでしょうか。

それらを削ることでそれを全部貯金に回せるのです。
そうすれば、比較的すぐにお金が貯まります。

タバコを毎日1箱500円で購入するとして、それを1ヵ月にすれば15000円です。
年間タバコ代だけで20万円近く使っている計算になるために、かなりの出費ですよね。

さらには、お酒もほぼ毎日のように飲むという人だとそれだけで月に1万円以上かかるでしょうし、タバコ代とお酒代だけで年間30万円以上かかっている可能性があります。
趣味というかもしれませんが、これはかなりの無駄遣いなので、これらをやめるとそれだけで貯金が効率的に貯まります。

そして、他にも遊興費や交際費をうまく削ることにより、年間で50万円以上浮かすことができますよ。
私もそれらの無駄遣いをやめるようになってから、貯金に回せるようになったのでおすすめしたいですね。

外出を控えたり、無駄遣いをやめれば1年間で貯金100万円も夢ではありません。

掛け持ちで仕事する

これは体力のある人であったり、メインの仕事にある程度余裕のある人になりますが、掛け持ちで仕事をするのもおすすめです。

掛け持ちで仕事することで副業でもかなり稼げるので、貯金を1年で100万貯めたい場合に最適です。
仕事が終わった後にまた仕事をするのは大変だと思いますが、それでも貯金を増やしたい人は掛け持ちするのも良いでしょう。

もちろん、土日祝を利用して副業するのも悪くないので、仕事終わりは無理!という方であれば、休みの日をうまく利用して掛け持ちで仕事するのもおすすめです。
好きな日に働きたいという人には派遣登録が合っているでしょうし、ガッツリ高賃金で働きたいという人は夜勤をするのも悪くありません。

ですが、本業に支障をきたすのは1番いけないことなので、無理のない範囲で掛け持ちするのがベストではないでしょうか。
私の知り合いも掛け持ちで仕事していますが、その人は9:00~18:00の本業が終わった後に、20時から深夜2時まで働いていて副業だけでも月に15万円ほど稼いでいるのです。

副業すれば年間で100万円以上貯めることも可能なので、体力に自信のある方や時間をうまく使いたい方であれば、仕事を掛け持ちしてみるのも良いかもしれません。

治験ボランティアに参加する

これはフリーターや無職の方にピッタリかもしれませんが、治験ボランティアは高額報酬なのでおすすめです。

通院モニターと入院モニターがあるのですが、入院モニターだとかなり好条件なので、1年で貯金を100万円貯めるのにマッチしています。
治験はバイトではなくボランティア扱いになるので、給料ではなく負担軽減費という形で支払われます。

たとえば、1ヶ月に渡る長期入院だとそれだけで40万円以上もらえることもあるので、とても効率が良いのです。
治験に参加するとその後最低3ヶ月は期間を空けないといけないので、年間で4回ほどしか入院治験に参加できませんが、それでもかなり魅力的で貯金するにはおすすめです。

基本的に寝ているだけで、薬の摂取や採決などがあるくらいです。
後は本を読んでいたりスマホをしているくらいなので暇です。

楽して稼ぎたい人に合っているのが治験ですね。

まとめ

・1年で貯金を100万円にするには期間工員として働くのがおすすめ
・タバコ代や酒代・交際費を削減することで貯金に回せる
・掛け持ちで仕事をすると貯金が貯まりやすい
・治験ボランティアは高額報酬

1年間で何とか貯金を100万円にしたいという方におすすめの方法が上記の4つです。

期間工員として働くことで待遇が良くてお金を貯めやすいですし、タバコ代やお酒代・交際費を減らすことでそれを貯金に回すことができます。
そして、掛け持ちで仕事すれば本業とは別に給料日が増えるので、かなり貯金をしやすいでしょう。

治験ボランティアは楽をしてお金を稼ぎたいという方や、フリーターや無職で時間のある方におすすめです。

おまけ:借金がある場合どうする?

中には、お金を貯める以前に借金がある人もおられるかもしれません。
そのような人が貯金をするには、どうすれば良いのでしょうか?

借金を早く返せば良いわけですが、なかなか難しいことでしょう。
そこで、おすすめなのが、一度借金を整理することです。

債務整理という言葉を聞いたことはないでしょうか?
債務を整理するのです。

法律の力を利用します。
そのため信頼のできる、そして実力のある法律家に相談するのです。

払いすぎた借金(金利)がないか見つけ出してくれ、貸金業者からお金を取り戻してくれたりしますので、借金が無くなるケースもまれではありません。

出典:借金返済お助けマガジン