カードローンの選択方法!失敗しない選び方を教えて

カードローンによって利率が異なっていたり、返済日が違っているだけではなく、スタッフの対応や審査基準なども異なっています。そこで口コミをチェックするのではなくて、色んな部分を自ら比較していき、心強いカードローンを選択することが必要です。

カードローンの選択方法

 

この記事「カードローンの選択方法!失敗しない選び方を教えて」を書いた人

ペンネーム:てんこん
プロフィール:これまでに多くのカードローンを利用しており、借金をしてきました。その中には遅延や滞納を繰り返してしまい、銀行や消費者金融に迷惑をかけてしまったこともあります。そこでどのようなに比較をしていき、カードローンを選択すればいいのか分かりやすく掲載させていただきます。

低く利息が設定されているカードローン

カードローンは利率が設定されています。

ただでお金を借りるのではなく、返済する時に利息を支払わなくてはいけません。
それがカードローンです。

利率が高く設定されているほど、借りたお金よりも高いお金を返さなければならず、損ということです。

そこで大切なのが、低い利率のカードローンを選ぶこと。

低い利率に定められているカードローンを選択すれば、完済するまでのお金を少しでも減らせるので、お得にお金を借りられます。
少しの利率違いでも長期間遊離する場合は、数千から万単位の違いが発生することもあるので、適当に選択してはいけません。

特に長期間融資を希望している方は、かなりの利息を支払うことになるので、できる限り利率が低く設定されているカードローンを選択するのがコツです。

返済日が給料日後に定められていると安心

延滞や滞納という状況を少しでも避けるため、給料日後が返済日になっているカードローンを選択すると安心です。

給料日前が返済日になっているカードローンを選んでしまうとお金が不足しやすい状況なので、延滞や滞納が発生しやすいです。
もしも滞納してしまった場合、遅延損害金を支払わなくてはいけないので、更に多くのお金を完済するまでに支払わなくてはいけません。

カードローンを利用する際、自分が損をするような状況を極力回避しながら利用することが鉄則です。
給料日後が返済日になっているカードローンを選択すれば、無理なくお金を返済できるので延滞や滞納を防げます。

カードローンは、返済日が月末に定められているだけではなく、毎月十日に定められていたり、一定期間ごとに支払うなど色んな返済日が存在しています。
仕事している方によって、給料日が異なっている為、給料日と照らし合わせて、最適なカードローンを選ばなくてはいけません。

延滞や滞納をした時も優しく対応してくれるスタッフの存在

カードローンを選択する時、万が一の事態に備えて、延滞や滞納が発生しても丁寧に対応してくれるスタッフがいると安心です。

基本的に申込時は、契約完了することで安定した利益を出せるようになるため、多くの銀行や消費者金融は丁寧な対応をします。
しかし延滞や滞納をした時は、これまでの対応とは違い、厳しい口調で返済を要求してくるカードローンもあるため、注意しないといけません。

何が起こるのか誰も想定できないので、延滞や滞納をした時も丁寧な対応に定評のあるカードローンを選べば、精神的な負担を減らせます。
そして新たに約束した返済日までにお金を返済すればいいので、今度は延滞や滞納をしないようにお金を返せば問題はないです。

厳しい口調で返済を要求するカードローンの場合、威圧的な態度を取られたり、仕事や収入など色々と聞かれるので避けた方が賢明です。

厳しい審査を行っていないカードローン

少しでもカードローンの融資を受けられるように緩めの審査を実施しているカードローンを選択するのも一つの方法です。

多くのカードローンでは、審査を実施しており、融資をしても大丈夫な人物なのか判断しています。
収入面や職業などに不安がある方も緩い審査になっているカードローンを選択すれば、少なからず融資を受けられる可能性が高まります。

残念ながら審査基準は公表されていないのですが主に収入の他に職業や個人の信用情報をチェックしています。
安定した収入を確保できていない方は、かなりの確率で審査に落とされてしまうので、気を付けないといけません。

また命のリスクが発生している職業も急に返済できない可能性が出てくるので、カードローンの審査に悪い影響を及ぼします。
更に個人の信用情報にキズが付いている方は、リスクの高い人物として敬遠されやすくなっています。

審査を通過しやすい人物は、安定した収入を確保しており、会社員や公務員など安定した職業に携わっている方は、審査に好印象を与えやすいです。
そして個人の信用情報にキズが付いていない方は、融資しても大丈夫な人物として判断されやすく、利用限度額も高めに設定してもらえます。

審査が緩いカードローンでもこのようにチェックされているので、それでも不安がある方は申込をする前に対策することが必要です。
一円でも多く安定した収入を確保したり、できる限り正社員の雇用形態で働く事が重要なポイントです。

個人の信用情報にキズが付いている方は、一定期間経過することで信用情報のキズが回復するので、ある程度期間を待つことが大切です。

プライバシーを守ってくれるのか判断

同じカードローンでもプライバシーを守ってくれるのかは銀行や消費者金融次第になります。

人によっては、内緒で利用したいと考えている方もいるので、プライバシーを守ってくれれば、安心して利用できます。
もしも自宅や会社に連絡された場合、カードローンの利用がバレてしまい、人間関係に悪い影響を及ぼす恐れもあります。

その他にもハガキや封筒などを定期的に送ってくるカードローンもあるため、内緒で利用したい方は要注意です。
プライバシーを最大限考慮してくれるカードローンは、在籍確認以外で自宅や会社に連絡することはないです。

むやみやたらとハガキや封筒を自宅に送ることもないため、内緒で利用したい方も安心です。
ただし延滞や滞納をするとハガキや封筒の他に電話での連絡が来るので、延滞や滞納をしないように気を付けないといけません。

まとめ

カードローンを選択する時、利率に注目することがほとんどですがそれだけは不十分です。

最適なカードローンを選ぶには、利率以外にも返済日や審査など色々と比べていかないといけません。
特にスタッフの対応は重要で、延滞や滞納をした時も心強い存在として頼れるのか異なってきます。

また内緒で利用したい方は、プライバシーを最大限に守ってくれるカードローンを選択することが求められます。

このようにあらゆる角度で比較をしていけば、心強い味方として頼れるカードローンを見つけられるようになります。